返済できない借金問題の解決

借金地獄から脱出する方法。返済できない借金問題はある方法で解決できます。

返済できない借金問題、解決できるのは「債務整理」

会社の資金繰りに困り借金。
競馬や競艇などギャンブルのための借金。
マイホームを購入するための借金。

お金を借りる理由は人それぞれですが、きちんとして返済計画もなく、すぐに返済できると思い安易に借金。気がつけばとんでもない額にふくれあがってしまい、たちまち借金地獄へ。
また返済できる予定で借金したが突然の事故で働けなくなり、収入がとだえ、これまた借金地獄に落ちてしまう人もいます。

後者の「突然の事故…」から人生何があるかわかりませんが、返済のためのお金をなんとかしないといけません。借りれるところからとりあえず借りるというのは手っ取り早いですが・・・。
返せる見込みのある借金はいいのですが、一番悪いパターンは『借金を返すための借金』です。返せる当てもないが返済日が迫っているので別のところから借りて当座を凌ぐ、この悪循環で多重債務者になってしまう人も少なくありません。

しかし、「借金が返せないからもうだめだ…」と人生をあきらめなくても大丈夫です。借金問題は解決できます。

債務整理とは?

様々な借金問題を整理・解決するための手段(方法)を総じて『債務整理』と言います。主に、

  • 自己破産:支払い能力がないという判断の元、資産・財産を清算し借金の支払いを免除する方法
  • 任意整理/特定調停:継続した安定収入があり、利息の見直しなどを経て借金の総額を減額し、残債を金利0%で3年程度で分割払いする方法
  • 個人再生:裁判所を通し、自宅や車を残したまま、見直しで減額された借金を金利0%で3~5年以内に計画通り返済する方法
  • 過払い金請求:払い過ぎた利息を取り戻し、残っている借金を完済したり減額する方法。完済後10年未満であれば同様に返還請求を行うことが可能。

条件を満たすことが出来れば、これら『借金問題を解決に導く法的な手続き』を利用することで、基本的には借金問題を解決し、借金返済に苦しむ生活から救われます。

債務整理を選択して後悔しないためにも

実は債務整理を利用した方の中には、その選択を後悔することもあるようで、予め債務整理のメリット&デメリットを始め、債務整理後の生活の変化など確認しておく方がよいと言われています。

債務整理を行う上で大切なのは、依頼する弁護士や司法書士などの借金問題を専門とする第三者機関を利用する際、費用が事務所ごとで異なる点です。

借金返済で苦しむ中での依頼ですから、出来るだけ報酬の安い事務所に依頼したい債務者が少なくありません。
しかし『安い=手腕に不安がある』という見解もあり、取り決めた予算にそって、無理なく信頼できる専門家へ依頼することが大切だと考えられます。

その他、連帯保証人がついた債務を整理した場合、保証人を引き受けてくれた人へ突然一括払いの請求が行くなど、身内や友人知人への迷惑が考えられます。また、信用情報機関に債務事故案件として登録されてしまうので、5~10年間はクレジットカードを持つことが出来ず、大きな買い物を分割払いすることも出来なくなります。

返しても返しても減らない元金、気付けば雪だるまのように増えてしまった借金。
消費者金融や貸金業者、ヤミ金業者への返済できない借金問題の解決方法に悩んだら、まずは『債務整理』を利用してみませんか?そして一日でも早く借金の悩みを解決しましょう!