■特定調停について

特定調停とは、費用の問題で弁護士・司法書士に依頼できない人に有効な手続きで、借主と貸主の間に裁判所が入って返済計画をたててくれます。
そのため自己破産・個人再生と違って専門的な知識をもっていなくても申請が可能です。

申請をすると裁判所が貸主から必要書類を取り寄せ利息制限法に引き直して借金額を決めます。
この手続きで普通は2〜3割は借金を減額することができます。

貸主とのやり取り期間が長年続いた場合ほど、債務が減額され、過去には5年以上の場合は借金が帳消しなった例もありました。

個人再生中に過払い金がわかった場合は、別で不当利得返還請求訴訟を起こす必要があります。

[PR]借金問題(多重債務など)の解決に役立つ解説や相談掲示板が便利。

多重債務 借金返済

あなたの借金、支払い義務が消滅しているかも!? 詳しくはクリック!