■総量規制とは

改正貸金業法が制定された中で、新しくできた法律があります。
それが「総量規制」と呼ばれるもので、貸し金業者のやりすぎた貸付の問題を解決するための法律です。

具体的には、借金できるトータル金額が年収の3分の1に限られます。

基本的に個人の借金が適用となり、借主が借金を業者に依頼したあと、貸し金業者は借主のこれまでの債務の返済状況などの個人情報を集めます。
そこで、貸すことができるか、確認。
状況に応じて契約をします。

しかし、例外もあり専業主婦などは収入がないため「配偶者貸付制度」が適用され配偶者である証明書などの書類を提出して認められれば借金をすることができます。

[PR]借金問題(多重債務など)の解決に役立つ解説や相談掲示板が便利。

多重債務 借金返済

あなたの借金、支払い義務が消滅しているかも!? 詳しくはクリック!