■個人再生について

個人再生とは、ひらたく言って個人で行う民事再生版。
公的機関の裁判所を利用して債務を少なくし、残金を分けて返済するという方法です。

個人再生のいいところは、自己破産の場合、債務はなくなりますが、その代わり資格が利用不可。(弁護士、公認会計士、司法書士、税理士など)そのほか、住宅ローンが原因で返済不能となった場合、自宅をとられてしまいます。こんなマイナス点がないのが個人再生です。

個人再生は住宅ローンを除いて債務をかなり減額することができます。
住宅ローンを除く負債が100万円以上500万円以下の時は最大100万円まで減らせることができ、また500万円超過、1500万円未満の時は最大5分の1まで減らせることができます。

個人再生で減額したのこりの金額を、原則3年のうちに分けて返済します。
例外として認められるような事情がある時は特例として5年延長できます。

[PR]借金問題(多重債務など)の解決に役立つ解説や相談掲示板が便利。

多重債務 借金返済

あなたの借金、支払い義務が消滅しているかも!? 詳しくはクリック!