■個人情報機関

お金を貸す立場の場合、借主が確実に返済できるか当然、知っておきたいものです。
しかし、例えば初めて借金をしにきた人物が返済を確実にできるかどうかなんてわかりませ。

そこで、そんな時のために「個人情報機関」というものを利用します。

この機関はお金を借りにきた人物の過去の返済状況などが記録されている、ブラックリスト的なものを記録しています。
貸主はその情報を元にお金を貸すべきか決めます。

個人情報機関を挙げると以下の3つがあります。

(株)シー・アイ・シー

会員は貸金業者・クレジット業者など

全国銀行個人信用情報センター

会員は銀行・信用保証協会など

株式会社日本信用情報機構

会員は信販会社、消費者金融会社、流通系・銀行系・メーカー系カード会社、金融機関、保証会社、リース会社など

[PR]借金問題(多重債務など)の解決に役立つ解説や相談掲示板が便利。

多重債務 借金返済

あなたの借金、支払い義務が消滅しているかも!? 詳しくはクリック!